ブルームーン

ブルームーン・ブリューイングカンパニーでは、「ビール造りはアートである」と信じられている。
これはブルームーンのヘッドブリュワーであり、創業者でもあるキース・ヴィラが、
1995年、コロラド州デンバーのダウンタウンでベルギースタイル・ウィートエール、
ブルームーン・ベルジャンホワイトを生み出して以来の信念だ。

すべては、キースが、ベルギーで醸造技術を学んでいるときに堪能した、
芳醇なベルギービールにインスピレーションを得てビール造りを思い立ったことに始まる。
キースは、最高級の素材を使って、彼オリジナルの「ベルジャンホワイト」を醸した。
たとえば、伝統的な酸味の強いキュラソーオレンジの皮の代わりに、
バレンシアオレンジの皮を使って、ほのかな甘味を出した。
その後、オーツと小麦を加えて、思わず杯を重ねたくなる、滑らかでクリーミーな後味を生み出した。
最後の仕上げに、ビールにスライスオレンジを添え、シトラスの香りと味わいを高めた。